読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南大阪の片隅でゆるやかに暮らす

好きなものやおすすめのもの、息子ペン太との出来事を書いています。

慣らし保育三日目。初めての給食!

保育園生活も三日目になりました。今日は9時から給食後まで。ゴハンが大好きなペン太だから、おいしい給食を食べたらご機嫌になってくれると嬉しいな!


朝の準備

今日も朝からご機嫌です。起きた瞬間から元気いっぱい動き回れるので本当にすごいです…。なかなか布団から起き上がれない親の頭を持ち上げて起こそうとします。朝一のそのエネルギーは一体どこから来るんだ…。


体温測定もお手のもの。朝ごはんもたくさん食べて、「今日も保育園に行くよ。」「うん!」「お友達といっぱい遊ぼうね。」「うん!」「今日は給食も食べられるよ!楽しみだね!」「うん!」


そろそろ保育園のことを覚えてくれたかな?と思って声をかけているのですが、どうなんだろう?とにかく今日もとても良いお返事です。


自転車にもあっさり乗ってくれて、すすいーっと保育園に到着。自転車から降りて保育園の中に入るのも順調!園庭で遊びたくなっているのを引き止めて教室に入ります。


教室に到着

教室に入るなり、私の足にヒシっとしがみつき始めました。んん?と思ったけれど、長居も出来ないのでとにかく登園時の準備を行いました。


さて、登園時の準備も終わったし先生に息子を託します。「今日もお願いします。」と先生に挨拶した瞬間「また置いていかれる!」と思ったのでしょう、足にしがみついたままのペン太が更にギューっと力いっぱい私の足を抱きしめます。


なんとか離してペン太を先生に託しましたが、日に日に泣き方が激しくなっていきます。こちらとしてもお願いだから早く慣れて!と祈るような気持ちになっていきます。激しく泣く我が子を置いていくのはなかなかなれないです。


今日はペン太は保育園で給食なので、ひとりでお昼ごはん。一人で食べるお昼ごはんは本当に久しぶり。一人だと食事は納豆ご飯だけという質素極まりない感じ。


今まではペン太と一緒だから、お昼ごはんも頑張ってちゃんと作って食べていたんだな、と改めて思いました。一人のごはんは少し寂しい。


三日目のお迎え

お迎えに行き、教室の外から中を除くと真顔で教室を動き回っているペン太と目が合いました。私を見つけた途端、指を指して「ママー!」少し寂しかった気持ちがほっこりあたたかくなりました。


先生のお話しでは、外に出る・教室に入るなど環境が変わるたびに泣いているペン太ですが、ずっと泣き続けるようなことは無くなってきたみたいです。


お昼ごはんの用意が始まると不思議そうな顔をしていたものの、ごはんはもくもくと食べてキレイに完食したみたい!ごはんを美味しく食べてくれていたのなら、親としては本当に嬉しいです。ごはんの後は機嫌よく遊んでくれていたみたい。


お迎えに行ってからはいつもどおりのペン太で、公園に行って元気に遊んでよくお昼寝しています。


あとがき

お別れのときは激しく泣くペン太ですが、少しずつ保育園の生活に慣れている様子。私の方は一人の時間が長くなるので、どんどん寂しくなっていきます。明日はお昼寝後まで!どうなることやら。 yuruyaka-life3.hateblo.jp